トップページ プロフィール メディア情報 対戦戦績 写真館 ファンクラブ ショップ ブログ リンク集

 

 

 

王者・内藤大助選手の入場
動きは少なめだが軽快だ
[1R]
積極的に攻めて来る、挑戦者・吉山選手
それを体捌きでかわす王者・内藤選手
[1R]
だが偶然のバッティングにより、王者の額より出血
幸いにも深くは無かったので続行
[1R]
そこからは積極的に攻める方に回った内藤選手
ヘッドスリップしてからの攻撃が冴える!
[3R]
このラウンドは打ち分けが随所に見られ、上への攻撃
[3R]
下への攻撃と、相手を翻弄する
[5R]
吉山選手の手が止まると、来い!のポーズ
[5R]
だが挑発しても熱くはならず、的確に当てていく
[6R]
この回も打ち分けが見事
ボディ・ボディからの上で
[6R]
ついに吉山選手からダウンを奪った
[6R]
立ち上がった吉山選手を迎撃
[6R]
内藤選手の左ストレートがアゴにヒット
吉山選手もフラッとはするのだが、足を踏ん張る
[6R]
吉山選手も反撃
しかし今日の王者・内藤選手のヘッドスリップが冴えていた
[7R]
この回もかわしてからのストレート
防御が実に冴えている
[7R]
もぐりこんでくる吉山選手へアッパー
[8R]
ガードが空いた所へ右ストレート
[9R]
後半に来ても、かわしてからの攻撃が冴える
[10R]
速いジャブを的確に当て、次への攻撃につなげる内藤選手

[11R]
ジャブで空いたボディーへの攻撃
体がくの字に曲がりながらも、吉山選手も耐える

[12R]
最終ラウンド、お互いが力を出し切った
判定は大差での3-0で王者・内藤選手の勝利防衛となった

 

ページトップに戻る